【村上春樹×読む順番】小説を全作品集めました

未分類
  1. 【村上春樹×読む順番】小説を全作品集めました
    1. 【1979年】風の歌を聴け
    2. 【1980年】1973年のピンボール
    3. 【1981年】ウォーク・ドント・ラン(共著:村上龍)
    4. 【1981年】夢で会いましょう(掌編)
    5. 【1982年】羊をめぐる冒険
    6. 【1983年】象工場のハッピーエンド(掌編)
    7. 【1983年】中国行きのスロウ・ボート
    8. 【1983年】 カンガルー日和
    9. 【1984年】螢・納屋を焼く・その他の短編
    10. 【1984年】村上朝日堂(随筆)
    11. 【1985年】回転木馬のデッド・ヒート
    12. 【1985年】世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
    13. 【1985年】映画をめぐる冒険(随筆)
    14. 【1986年】村上朝日堂の逆襲(随筆)
    15. 【1986年】ランゲルハンス島の午後(随筆)
    16. 【1987年】THE SCRAP 懐かしの一九八〇年代(随筆)
    17. 【1987年】日出る国の工場(随筆)
    18. 【1986年】パン屋再襲撃
    19. 【1987年】ノルウェイの森
    20. 【1988年】ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック(随筆)
    21. 【1988年】ダンス・ダンス・ダンス
    22. 【1989年】村上朝日堂はいほー!(随筆)
    23. 【1990年】遠い太鼓(紀行文)
    24. 【1990年】雨天炎天(紀行文)
    25. 【1990年】TVピープル
    26. 【1994年】やがて哀しき外国語(随筆)
    27. 【1994年】ねじまき鳥クロニクル
    28. 【1995年】夜のくもざる(掌編)
    29. 【1996年】うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナル(随筆)
    30. 【1996年】レキシントンの幽霊
    31. 【1996年】村上春樹、河合隼雄に会いにいく(共著:河合隼雄)
    32. 【1997年】アンダーグラウンド(紀行文)
    33. 【1997年】村上朝日堂はいかにして鍛えられたか(随筆)
    34. 【1997年】若い読者のための短編小説案内(随筆)
    35. 【1997年】ポートレイト・イン・ジャズ(随筆)
    36. 【1998年】辺境・近境(紀行文)
    37. 【1998年】約束された場所で―underground 2(紀行文)
    38. 【1999年】スプートニクの恋人
    39. 【1999年】もし僕らのことばがウィスキーであったなら(紀行文)
    40. 【2000年】神の子どもたちはみな踊る
    41. 【2000年】またたび浴びたタマ(掌編)
    42. 【2000年】翻訳夜話(共著:柴田元幸)
    43. 【2001年】シドニー!(紀行文)
    44. 【2001年】ポートレイト・イン・ジャズ2(随筆)
    45. 【2001年】村上ラヂオ(随筆)
    46. 【2002年】海辺のカフカ
    47. 【2003年】翻訳夜話2 サリンジャー戦記(共著:柴田元幸)
    48. 【2004年】アフターダーク
    49. 【2004年】東京するめクラブ 地球のはぐれ方(紀行文)
    50. 【2005年】象の消滅 短篇選集 1980-1991
    51. 【2005年】東京奇譚集
    52. 【2005年】意味がなければスイングはない(随筆)
    53. 【2006年】はじめての文学 村上春樹
    54. 【2007年】村上かるた うさぎおいしーフランス人(掌編)
    55. 【2007年】走ることについて語るときに僕の語ること(随筆)
    56. 【2007年】村上ソングズ(随筆)
    57. 【2009年】 1Q84
    58. 【2009年】めくらやなぎと眠る女
    59. 【2010年】夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです(インタビュー)
    60. 【2011年】村上春樹 雑文集(随筆)
    61. 【2011年】おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2(随筆)
    62. 【2011年】小澤征爾さんと、音楽について話をする(共著:小澤征爾)
    63. 【2012年】サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3(随筆)
    64. 【2013年】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
    65. 【2014年】女のいない男たち
    66. 【2015年】職業としての小説家(随筆)
    67. 【2015年】ラオスにいったい何があるというんですか?(紀行文)
    68. 【2017年】騎士団長殺し
    69. 【2017年】みみずくは黄昏に飛びたつ(共著:川上未映子)
    70. 【2017年】村上春樹 翻訳 (ほとんど) 全仕事(随筆)
    71. 【2019年】本当の翻訳の話をしよう(共著:柴田元幸)
    72. 羊男のクリスマス
    73. ふわふわ
    74. ふしぎな図書館
    75. ねむり
    76. パン屋を襲う
    77. 図書館奇譚
スポンサーリンク

【村上春樹×読む順番】小説を全作品集めました

【1979年】風の歌を聴け

【1980年】1973年のピンボール

【1981年】ウォーク・ドント・ラン(共著:村上龍)

【1981年】夢で会いましょう(掌編)

【1982年】羊をめぐる冒険

【1983年】象工場のハッピーエンド(掌編)

【1983年】中国行きのスロウ・ボート

【1983年】 カンガルー日和

【1984年】螢・納屋を焼く・その他の短編

【1984年】村上朝日堂(随筆)

【1985年】回転木馬のデッド・ヒート

【1985年】世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

【1985年】映画をめぐる冒険(随筆)

【1986年】村上朝日堂の逆襲(随筆)

【1986年】ランゲルハンス島の午後(随筆)

【1987年】THE SCRAP 懐かしの一九八〇年代(随筆)

【1987年】日出る国の工場(随筆)

【1986年】パン屋再襲撃

【1987年】ノルウェイの森

【1988年】ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック(随筆)

【1988年】ダンス・ダンス・ダンス

【1989年】村上朝日堂はいほー!(随筆)

【1990年】遠い太鼓(紀行文)

【1990年】雨天炎天(紀行文)

【1990年】TVピープル

【1994年】やがて哀しき外国語(随筆)

【1994年】ねじまき鳥クロニクル

  • 第1部 泥棒かささぎ編
  • 第2部 予言する鳥編
  • 第3部 鳥刺し男編

【1995年】夜のくもざる(掌編)

【1996年】うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナル(随筆)

【1996年】レキシントンの幽霊

【1996年】村上春樹、河合隼雄に会いにいく(共著:河合隼雄)

【1997年】アンダーグラウンド(紀行文)

【1997年】村上朝日堂はいかにして鍛えられたか(随筆)

【1997年】若い読者のための短編小説案内(随筆)

【1997年】ポートレイト・イン・ジャズ(随筆)

【1998年】辺境・近境(紀行文)

【1998年】約束された場所で―underground 2(紀行文)

【1999年】スプートニクの恋人

【1999年】もし僕らのことばがウィスキーであったなら(紀行文)

【2000年】神の子どもたちはみな踊る

【2000年】またたび浴びたタマ(掌編)

【2000年】翻訳夜話(共著:柴田元幸)

【2001年】シドニー!(紀行文)

【2001年】ポートレイト・イン・ジャズ2(随筆)

【2001年】村上ラヂオ(随筆)

【2002年】海辺のカフカ

【2003年】翻訳夜話2 サリンジャー戦記(共著:柴田元幸)

【2004年】アフターダーク

【2004年】東京するめクラブ 地球のはぐれ方(紀行文)

【2005年】象の消滅 短篇選集 1980-1991

【2005年】東京奇譚集

【2005年】意味がなければスイングはない(随筆)

【2006年】はじめての文学 村上春樹

【2007年】村上かるた うさぎおいしーフランス人(掌編)

【2007年】走ることについて語るときに僕の語ること(随筆)

【2007年】村上ソングズ(随筆)

【2009年】 1Q84

【2009年】めくらやなぎと眠る女

【2010年】夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです(インタビュー)

【2011年】村上春樹 雑文集(随筆)

【2011年】おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2(随筆)

【2011年】小澤征爾さんと、音楽について話をする(共著:小澤征爾)

【2012年】サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3(随筆)

【2013年】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

【2014年】女のいない男たち

【2015年】職業としての小説家(随筆)

【2015年】ラオスにいったい何があるというんですか?(紀行文)

【2017年】騎士団長殺し

【2017年】みみずくは黄昏に飛びたつ(共著:川上未映子)

【2017年】村上春樹 翻訳 (ほとんど) 全仕事(随筆)

【2019年】本当の翻訳の話をしよう(共著:柴田元幸)

絵本を紹介致します。

羊男のクリスマス

ふわふわ

ふしぎな図書館

ねむり

パン屋を襲う

図書館奇譚

タイトルとURLをコピーしました