ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成10年:1998年】

【平成】ベストセラー本

平成10年(1998年)はこんな年でした。

  • 冬季長野オリンピック開催
  • 第16回サッカーW杯仏大会に日本が初出場
  • 映画「タイタニック」ブーム
  • 和歌山毒物カレー事件発生
  • 「X JAPAN」のギタリストhideが永眠
  • 明石海峡大橋が開通(全長3911mで世界最長のつり橋)
  • 郵便番号7桁化
  • アントニオ猪木がドン・フライと引退試合
  • 映画監督の黒澤明が死去
  • Windows 98発売

それでは平成10年(1998年)のベストセラー本をご覧下さい。

スポンサーリンク

ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成10年:1998年】

平成10年(1980年)のベストセラー本10冊をまとめました。

  • 第1位:新・人間革命〈1・2・3〉(池田大作)
  • 第2位:幸福の革命(大川隆法)
  • 第3位:ビストロスマップKANTANレシピ(ビストロスマップ制作委員会編)
  • 第4位:大河の一滴(五木寛之)
  • 第5位:小さいことにくよくよするな!(リチャード・カールソン)
  • 第6位:他人をほめる人、けなす人(フランチェスコ・アルベローニ)
  • 第7位:ダディ(郷ひろみ)
  • 第8位:ループ(鈴木光司)
  • 第9位:ももこの話(さくらももこ)
  • 第10位:釈迦の本心(大川隆法)

第1位の詳細から説明します。

第1位:新・人間革命〈1・2・3〉(池田大作)

仏法の人間主義の太陽がいま、燦然と昇りゆく!“地球上から悲惨の二字をなくしたい”との恩師の願いを胸に、平和と幸福を開く世界旅へ。

「BOOK」データベース

第2位:幸福の革命(大川隆法)

21世紀をリードする思想が、いま、あなたの目の前にある。心の力を信じてみよう。そこから、幸福への第一歩が始まる。「心の価値」の時代を作るための生き方を示す。

「MARC」データベース

第3位:ビストロスマップKANTANレシピ(ビストロスマップ制作委員会編)

家庭で作れる「ビストロスマップ」の人気料理がど~んと82品。本格的だけど、わかりやすい。こだわりの特選レシピ。フジテレビ系超人気番組『SMAP×SMAP』から生まれたミリオンセラー。

「BOOK」データベース

第4位:大河の一滴(五木寛之)

なんとか前向きに生きたいと思う。しかし、プラス思考はそう続かない。頑張ることにはもう疲れてしまった―。そういう人々へむけて、著者は静かに語ろうとする。「いまこそ、人生は苦しみと絶望の連続だと、あきらめることからはじめよう」「傷みや苦痛を敵視して闘うのはよそう。ブッダも親鸞も、究極のマイナス思考から出発したのだ」と。この一冊をひもとくことで、すべての読者の心に真の勇気と生きる希望がわいてくる感動の大ロングセラー、ついに文庫で登場。

「BOOK」データベース

第5位:小さいことにくよくよするな!(リチャード・カールソン)

「小さいことにくよくよしない!」癖を身につけると、人生は100%完璧にはならなくても、あるがままの現実を抵抗なく受け入れられるようになる。本書に書かれた戦略をためしてみれば、穏やかに生きるための二つのルールが身につく。1.小さいことにくよくよするな。2.すべては小さなことだ。この考え方を人生に取りこめば、もっと穏やかで愛情豊かな自分を育てることができる。

「BOOK」データベース

第6位:他人をほめる人、けなす人(フランチェスコ・アルベローニ)

あなたの身近にもきっといる「陰口をたたく人」「おべっかを使う人」「他人を認めない人」「果てしなく話す人」―不可解な言動に隠された深層心理を鋭い洞察力と観察眼で克明に解き明かすエッセイ57篇。日頃のなにげない言動に隠された人間の本質に迫ることで、人間理解を深め、生きる指南を与えてくれる。人間関係に悩む現代人のためのミリオンセラー・バイブル。

「BOOK」データベース

第7位:ダディ(郷ひろみ)

幸せになるために別れる。心でつながるために別れる。離婚は新しい関係の始まり。「理想の夫婦」といわれた二人は、なぜ離婚を選んだのか。妻へ、娘たちへ、痛切な思いを込めて綴る、郷ひろみ、42歳、裸の肖像。

「MARC」データベース

第8位:ループ(鈴木光司)

科学者の父親と穏和な母親に育てられた医学生の馨にとって家族は何ものにも替えがたいものだった。しかし父親が新種のガンウィルスに侵され発病、馨の恋人も蔓延するウィルスに感染し今や世界は存亡の危機に立たされた。ウィルスはいったいどこからやって来たのか?あるプロジェクトとの関連を知った馨は一人アメリカの砂漠を疾走するが…。そこに手がかりとして残されたタカヤマとは?「リング」「らせん」で提示された謎と世界の仕組み、人間の存在に深く迫り、圧倒的共感を呼ぶシリーズ完結編。否応もなく魂を揺さぶられる鈴木文学の最高傑作。

「BOOK」データベース

第9位:ももこの話(さくらももこ)

いつも食べきれなかった給食。父ヒロシに懐メロを教えるのに苦労したお風呂の時間。おこづかいをつぎこんだ紙しばい屋。黄金の小学三年生時代―まる子だったあのころのつきない思い出と、爆笑エピソードの数々。涙が出るほど笑ったあとは、ほんわか胸があったかくなる、ベストセラーエッセイのシリーズ完結編。巻末Q&A収録。

「BOOK」データベース

第10位:釈迦の本心(大川隆法)

本書は、釈迦の考え方を、現代人にわかりやすい形で書き下ろしたものです。

「BOOK」データベース

以上になりますが、平成30年間のベストセラー本についてはこちらの記事にまとめてあります。合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました