ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成16年:2004年】

【平成】ベストセラー本

平成16年(2004年)はこんな年でした。

  • 北島康介さんがアテネオリンピックで金メダル
  • アテネ五輪で日本選手大活躍、メダル最多の37個
  • 新潟県中越地震(死者68名)
  • 新紙幣発行(1万円札が福澤諭吉、5千円札が樋口一葉、千円札が野口英世)
  • シアトル・マリナーズのイチローがシーズン最多安打記録を84年ぶりに更新
  • ヨン様フィーバー
  • 性同一性障害特例法が施行
  • 消費税の内税(総額)表示の義務化
  • 運転中の携帯電話使用が罰則対象に
  • ニンテンドーDSとプレイステーション・ポータブル発売

それでは平成16年(2004年)のベストセラー本をご覧下さい。

スポンサーリンク

ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成16年:2004年】

平成15年(2003年)のベストセラー本10冊をまとめました。

  • 第1位:ハリーポッターと不死鳥の騎士団〈上・下〉(J.K.ローリング)
  • 第2位:世界の中心で愛を叫ぶ(片山恭一)
  • 第3位:バカの壁(養老孟司)
  • 第4位:グッドラック(A.ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・べス)
  • 第5位:蹴りたい背中(綿矢りさ)
  • 第6位:13歳のハローワーク(村上龍、はまのゆか・絵)
  • 第7位:川島隆太教授の脳を鍛える大人の音読ドリル、川島隆太教授の脳を鍛える大人の計算ドリル(川島隆太)
  • 第8位:キッパリ!たった5分間で自分を変える方法(上大岡トメ)
  • 第9位:いま、会いにゆきます(市川拓司)
  • 第10位:新・人間革命〈12・13〉(池田大作)

第1位の詳細から説明します。

第1位:ハリーポッターと不死鳥の騎士団〈上・下〉(J.K.ローリング)

ついに復活した闇の帝王―対決の恐ろしい記憶が悪夢となり、ハリーを苦しめる。しかし、夏休みでマグル(人間)界に戻ったハリーのもとには、魔法界のニュースが何一つ届かない。孤独、焦り、怒りでダドリーにけんかをふっかけたその時、突然辺りが暗くなり、冷たい空気の中、あのガラガラという息づかいが近づいて…。小学中級より。

「BOOK」データベース

第2位:世界の中心で愛を叫ぶ(片山恭一)

「ぼくにとってアキのいない世界はまったくの未知で、そんなものが存在するのかどうかさえわからないんだ」「大丈夫よ。わたしがいなくなっても世界はありつづけるわ」朔太郎とアキが出会ったのは、中学2年生の時。落ち葉の匂いのファーストキス、無人島でのふたりきりの一夜、そしてアキの発病、入院。日に日に弱っていくアキをただ見守るしかない朔太郎は、彼女の17歳の誕生日に、アキが修学旅行で行けなかったオーストラリアへ一緒に行こうと決意するが―。好きな人を失うことは、なぜ辛いのか。321万部空前のベストセラー、待望の文庫化。

「BOOK」データベース

第3位:バカの壁(養老孟司)

イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人は、なぜ互いに話が通じないのか。そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。いつの間にか私たちは様々な「壁」に囲まれている。それを知ることで気が楽になる。世界の見方が分かってくる。人生でぶつかる諸問題について、「共同体」「無意識」「身体」「個性」「脳」など、多様な角度から考えるためのヒントを提示する。

「BOOK」データベース

第4位:グッドラック(A.ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・べス)

それは五十四年ぶりの運命の再会だった―。公園のベンチで幼なじみのジムと隣り合わせたマックスは、仕事も、財産も、すべてを失い変わり果てた友人に、祖父から聞かされた「魅惑の森」の物語をかたった。奇蹟のラストへ、七日間の旅が始まる。

「BOOK」データベース

第5位:蹴りたい背中(綿矢りさ)

“この、もの哀しく丸まった、無防備な背中を蹴りたい”長谷川初実は、陸上部の高校1年生。ある日、オリチャンというモデルの熱狂的ファンであるにな川から、彼の部屋に招待されるが…クラスの余り者同士の奇妙な関係を描き、文学史上の事件となった127万部のベストセラー。史上最年少19歳での芥川賞受賞作。

「BOOK」データベース

第6位:13歳のハローワーク(村上龍、はまのゆか・絵)

「いい学校を出て、いい会社に入れば安心」という時代は終わりました。好きで好きでしょうがないことを職業として考えてみませんか?花、動物、スポーツ、工作、テレビ、映画、音楽、おしゃれ、料理…いろいろな「好き」を入り口に514種の職業を紹介。派遣、起業、資格など、雇用の現状をすべて網羅した仕事の百科全書。

「BOOK」データベース

第7位:川島隆太教授の脳を鍛える大人の音読ドリル、川島隆太教授の脳を鍛える大人の計算ドリル(川島隆太)

本書は、皆さんの脳を若く健康に保ち、脳の働きを向上させることを目的に作られている。本書は、表面では近代名作の冒頭部分の音読、裏面では小学校で学習する漢字の書き取りを行うようになっている。

「BOOK」データベース

本書は、皆さんの脳を若く健康に保ち、脳の働きを向上させることを目的に作られている。本書には簡単な計算問題が並んでいる。

「BOOK」データベース

第8位:キッパリ!たった5分間で自分を変える方法(上大岡トメ)

ミリオンセラー文庫化!わずか5分後にキッパリ!と違うワタシになる方法、そんなのあるわけない!?うそだと思ってもちょっと試してみて下さい。脱いだ靴はそろえる、冷蔵庫を片付ける、光るものを磨く、「遅い」「今さら」「どうせ」は禁句にする…。そんな小さなことで自分を変える方向に持っていける、トメの大発見、60連発です。

「BOOK」データベース

第9位:いま、会いにゆきます(市川拓司)

大好きだった妻の澪が亡くなって1年、身体にさまざまな不具合を抱えた巧は、町の小さな司法書士事務所に勤めながら、6歳になる一人息子の佑司とひっそりと暮らしていた。再び巡ってきた雨の季節の週末、いつもどおりの散歩に出かけた町はずれの森で、この父と子二人に奇跡が訪れる。哀しい未来を知りながら、それでも愛しい存在に向かって発せられる言葉。その深く強く優しい決意に、きっと心打たれるはずです。市川拓司ワールドの原点をなす最上の恋愛小説。

「BOOK」データベース

第10位:新・人間革命〈12・13〉(池田大作)

以上になりますが、平成30年間のベストセラー本についてはこちらの記事にまとめてあります。合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました