ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成24年:2012年】

【平成】ベストセラー本

平成24年(2012年)はこんな年でした。

  • 東京スカイツリー開業
  • 格安航空会社ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパンが初就航
  • NTTドコモ PDCによる携帯電話サービスmova終了
  • 山中伸弥さんがノーベル医学生理学賞を受賞
  • 渋谷駅東口に駅直結の複合商業施設「渋谷ヒカリエ」が開業
  • ロンドンオリンピック開催、史上最多のメダル獲得
  • 吉田沙保里さんに国民栄誉賞
  • マイクロソフトのOS「Microsoft Windows 8」発売
  • 東京電力の家庭向け電気料金が値上げ
  • スギちゃんブレーク

それでは平成24年(2012年)のベストセラー本をご覧下さい。

スポンサーリンク

ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成24年:2012年】

平成24年(2012年)のベストセラー本10冊をまとめました。

  • 第1位:聞く力(阿川佐和子)
  • 第2位:置かれた場所で咲きなさい(渡辺和子)
  • 第3位:新・人間革命〈24〉(池田大作)
  • 第4位:体脂肪計タニタの社員食堂 続タニタの社員食堂(タニタ)
  • 第5位:舟を編む(三浦しをん)
  • 第6位:大往生したけりゃ医療とかかわるな(中村仁一)
  • 第7位:人生がときめく片づけの魔法〈1・2〉(近藤麻理恵)
  • 第8位:不滅の法(大川隆法)
  • 第9位:実はスゴイ!大人のラジオ体操(中村格子、監修:秋山エリカ)
  • 第10位:50歳を超えても30代に見える生き方(南雲吉則)

第1位の詳細から説明します。

第1位:聞く力(阿川佐和子)

頑固オヤジから普通の小学生まで、つい本音を語ってしまうのはなぜか。インタビューが苦手だったアガワが、1000人ちかい出会い、30回以上のお見合いで掴んだコミュニケーション術を初めて披露する―。

「BOOK」データベース

第2位:置かれた場所で咲きなさい(渡辺和子)

雨の日、風の日、どうしても咲けないときは根を下へ下へと伸ばしましょう。次に咲く花がより大きく、美しいものとなるように。

「BOOK」データベース

第3位:新・人間革命〈24〉(池田大作)

第4位:体脂肪計タニタの社員食堂 続タニタの社員食堂(タニタ)

社員だけでなく読者もやせた。野菜たっぷり、カロリーと塩分ひかえめの料理に魚料理をぐんと増やしたレシピ30と、赤ちょうちんレシピ22を紹介。

「BOOK」データベース

第5位:舟を編む(三浦しをん)

出版社の営業部員・馬締光也は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書『大渡海』の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作!

「BOOK」データベース

第6位:大往生したけりゃ医療とかかわるな(中村仁一)

3人に1人はがんで死ぬといわれているが、医者の手にかからずに死ねる人はごくわずか。中でもがんは治療をしなければ痛まないのに医者や家族に治療を勧められ、拷問のような苦しみを味わった挙句、やっと息を引きとれる人が大半だ。現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る」。実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書。

「BOOK」データベース

第7位:人生がときめく片づけの魔法〈1・2〉(近藤麻理恵)

リバウンド率ゼロ。一度習えば、二度と散らからない、「こんまり流ときめき整理収納法」。

「BOOK」データベース

「捨てる」だけでは得られない、理想の「ときめく暮らし」を手に入れる方法とは。

「BOOK」データベース

第8位:不滅の法(大川隆法)

たびかさなる天変地異、混乱を極める国際情勢―人類の運命を分かつ2012年、未来を切り拓く鍵は、この一冊にある。

「BOOK」データベース

第9位:実はスゴイ!大人のラジオ体操(中村格子、監修:秋山エリカ)

あのラジオ体操は実は究極のエクササイズだった!美脚・小尻・くびれ・若返り・肩コリ解消…たった3分ですべてが叶う。

「BOOK」データベース

第10位:50歳を超えても30代に見える生き方(南雲吉則)

56歳なのに―血管年齢26歳、骨年齢28歳、脳年齢38歳。食事の内容と生活習慣を変えるだけ。お金や時間をかけず、日常生活の延長上でできる。

「BOOK」データベース

以上になりますが、平成30年間のベストセラー本についてはこちらの記事にまとめてあります。合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました