ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成5年:1993年】

【平成】ベストセラー本

平成5年(1993年)はこんな年でした。

  • 皇太子・雅子さま御結婚
  • サッカーJリーグ開幕
  • レインボーブリッジ開通
  • 横浜ランドマークタワーが開業
  • ロスタイムの失点でW杯出場を逃す(ドーハの悲劇)
  • 新幹線「のぞみ」が山陽新幹線で運行開始
  • 福岡ドームが完成
  • 法隆寺・姫路城・屋久島・白神山地が日本での初の世界遺産登録
  • 曙が外国人力士として初めて横綱に昇進
  • 冷夏、豪雨など列島に異常気象

それでは平成5年(1993年)のベストセラー本をご覧下さい。

スポンサーリンク

ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成5年:1993年】

平成5年(1993年)のベストセラー本10冊をまとめました。

  • 第1位:人間革命〈12〉(池田大作)
  • 第2位:磯野家の謎〈正・続〉(東京サザエさん学会編)
  • 第3位:マディソン郡の橋(ロバート・ジェームズ・ウォラー)
  • 第4位:たいのおかしら(さくらももこ)
  • 第5位:私は別人(シドニィ・シェルダン)
  • 第6位:ドラゴンクエストⅤ公式ガイドブック〈上・下〉(エニックス編)
  • 第7位:ファイナルファンタジーⅤ(スクウェア監修)
  • 第8位:清貧の思想(中野孝次)
  • 第9位:日本改造計画(小沢一郎)
  • 第10位:生きるヒント(五木寛之)

第1位の詳細から説明します。

第1位:人間革命〈12〉(池田大作)

創価学会の真実の歴史と民衆勝利の感動のドラマが、いま、爛漫と花開く!

「BOOK」データベース

第2位:磯野家の謎〈正・続〉(東京サザエさん学会編)

さらに深まる『サザエさん』一家の謎。社会現象となった前作をしのぐ59の驚き。「イソニアン」の期待に応えた完結編。

「BOOK」データベース

第3位:マディソン郡の橋(ロバート・ジェームズ・ウォラー)

屋根付きの橋を撮るため、アイオワ州の片田舎を訪れた写真家ロバート・キンケイドは、農家の主婦フランチェスカと出会う。漂泊の男と定住する女との4日間だけの恋。時間にしばられ、逆に時間を超えて成就した奇蹟的な愛―じわじわと感動の輪を広げ、シンプルで純粋、涙なくしては読めないと絶賛された不朽のベストセラー。

「BOOK」データベース

第4位:たいのおかしら(さくらももこ)

虫歯治療用の笑気ガスがもたらした、とんでもない幻想。朝から晩まで台所の床に寝そべり続けて、親を泣かせた中学生時代。はじめて明かされる、たよりなく取り柄もないが憎めない男・父ヒロシの半生…。日常のなかで出会うトホホな出来事や懐かしい思い出がつまった、爆笑エッセイ。ある生理現象について、真摯な議論が交わされる、三谷幸喜さんとの巻末お楽しみ対談つき。

「BOOK」データベース

第5位:私は別人(シドニィ・シェルダン)

世界中から美男美女を吸い寄せ、彼らの人生をメチャメチャにしてしまう華麗な魔界、ハリウッド。そこに君臨するスーパー・スターは、スーパー下衆男だった。過去を捨て、名前を変えて、ハリウッドに出るジョゼフィンを待っていたものは…孤独な中でついに出会ったひと組の男女の運命を、天上の星たちは“吉”と定めるか“凶”と書くか。殺人は事故になるか。宿命の男女を乗せて、豪華客船がいま出帆する。

「BOOK」データベース

第6位:ドラゴンクエストⅤ公式ガイドブック〈上・下〉(エニックス編)

第7位:ファイナルファンタジーⅤ(スクウェア監修)

第8位:清貧の思想(中野孝次)

名利に使はれて、閑かなる暇なく、一生を苦しむるこそ、愚かなれ…。モノとカネにふりまわされ、明け暮れする人生は真に幸福なのか?光悦、西行、兼好、良寛ら先人の生き方の中に、モノを「放下」し、風雅に心を遊ばせ、内面の価値を尊ぶ「清貧」の文化伝統を見出し、バブル謳歌の日本に猛省を促した話題のベストセラー。

「BOOK」データベース

第9位:日本改造計画(小沢一郎)

第10位:生きるヒント(五木寛之)

「悲しいではないか」かつて明治の青年たちは、顔を合わせるとこう挨拶したという。「悲しいではないか」、悲しみを知っている人間だけが、本当の喜びを知ることができる。「歓ぶ」「悲む」「笑う」「飾る」「占う」「買う」「歌う」「想う」―。日々の感情の起伏の中にこそ生きる真実がひそんでいます。常に時代を予感し、人の「心と体」について深く洞察する、日本を代表する作家からあなたへ、元気と勇気が出るメッセージ。

「BOOK」データベース

以上になりますが、平成30年間のベストセラー本についてはこちらの記事にまとめてあります。合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました