ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成8年:1996年】

【平成】ベストセラー本

平成8年(1996年)はこんな年でした。

  • アトランタ・オリンピック開催(金3、銀6、銅5過)
  • 病原性大腸菌「O-157 」による食中毒が全国各地で発生
  • ドラマ「ロングバケーション」が大ヒット
  • 原爆ドームが世界遺産に登録
  • 羽生善治が史上初、将棋のタイトル七冠独占を達成
  • 「たまごっち」が大流行
  • 「Yahoo! JAPAN」がサービスを開始
  • 藤子・F・不二雄が死去
  • 芸術家の岡本太郎が死去
  • 海の日施行

それでは平成8年(1996年)のベストセラー本をご覧下さい。

スポンサーリンク

ベストセラー本ランキングTOP10まとめ【平成8年:1996年】

平成8年(1996年)のベストセラー本をまとめました。

  • 第1位:脳内革命(春山茂雄)
  • 第2位:「超」勉強法(野口悠紀雄)
  • 第3位:神々の指紋〈上・下〉(グラハム・ハンコック)
  • 第4位:脳内革命〈2〉(春山茂雄)
  • 第5位:弟(石原慎太郎)
  • 第6位:猿岩石日記 Part1(猿岩石)
  • 第7位:読め!(浜田雅功)
  • 第8位:金田一少年の事件簿〈3〉(天樹征丸)
  • 第9位:あのころ(さくらももこ)
  • 第10位:愛、無限(大川隆法)

第1位の詳細から説明します。

第1位:脳内革命(春山茂雄)

本書はプラス発想こそが心身にとっ最高の薬になることを、医学的・科学的に明らかにした画期的な書。

「BOOK」データベース

第2位:「超」勉強法(野口悠紀雄)

勉強は、実は楽しい。「基礎から一歩一歩着実に」というこれまでの学習法を行っているかぎり、成績はあがらない。誰もが取り組め、めざましい成果が得られる画期的ノウハウと具体的方法をベストセラー『「超」整理法』の著者が全公開。

「BOOK」データベース

第3位:神々の指紋〈上・下〉(グラハム・ハンコック)

一五一三年に描かれたという奇妙な地図。そこには一八一八年にはじめて発見された南極大陸の姿が詳細に描かれていた。しかも、一九四九年のスウェーデンと英国の南極大陸調査団がはじめて明らかにした、クイーンモードランド地方をはじめとする氷床の下の地形までもが正確に描かれていた…中南米各地の遺跡と、そこに伝わる伝説を調べるうちに、奇妙な「暗号」が浮かび上がる。不滅の暗号が伝える人類の過去とは…人類文明の発祥の謎を解き明かす驚愕の新事実が徐々に明らかになる。

「BOOK」データベース

第4位:脳内革命〈2〉(春山茂雄)

前著「脳内革命」は、プラス発想することで脳から脳内モルヒネが出、それが心身を好ましい方向に導くという指摘で空前の大ベストセラーになった。本書は生活の中で脳内モルヒネを出すための詳しい実践法を述べた第2弾。

「MARC」データベース

第5位:弟(石原慎太郎)

第6位:猿岩石日記 Part1(猿岩石)

「進め!電波少年」は極限のごくごく一部にしかすぎなかった!香港からインドまで有吉と森脇の89日間大感動日記。

「BOOK」データベース

第7位:読め!(浜田雅功)

お笑い、バラエティだけでなく、歌にドラマに大活躍のダウンタウンの浜田が、仕事の裏話を大いに語ってくれるエッセイ。ダウンタウンに対する思いやコンビの松本のことなど、今の浜ちゃんのすべてがわかる。

「BOOK」データベース

第8位:金田一少年の事件簿〈3〉(天樹征丸)

第9位:あのころ(さくらももこ)

てきやの話術につられて買ってしまった「まほうカード」のからくり。ガラクタの処方に困り果てた家庭訪問の思い出。「まる子」だったあの頃をふりかえる、爆笑と郷愁のエッセイシリーズ第1弾。

「BOOK」データベース

第10位:愛、無限(大川隆法)

主はすでに降臨した。今、人類に必要なのは、信仰である。そして、信仰の証が愛である。あなたがたが他を愛した時、あなたがたは、主を信じたのである。それが新しい時代の始まりとなるであろう。

「BOOK」データベース

以上になりますが、平成30年間のベストセラー本についてはこちらの記事にまとめてあります。合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました