荻原浩の全シリーズ作品をまとめました【読む順番】

読む順番【シリーズ】

今回は、荻原浩のシリーズ作品を紹介致します。

  • ユニバーサル広告社シリーズ
  • 最上俊平シリーズ

荻原浩のその他の小説は、以下の記事をご覧下さい。

合わせて読む

スポンサーリンク

荻原浩の全シリーズ作品をまとめました【読む順番】

ユニバーサル広告社シリーズ

オロロ畑でつかまえて

文庫本で読むAmazon
楽天ブックス
Yahoo!ショッピング
セブンネット
電子書籍で読むkindle
楽天kobo

人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった!ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロダクション、ユニバーサル広告社。この最弱タッグによる、やぶれかぶれの村おこし大作戦『牛穴村 新発売キャンペーン』が、今始まる―。第十回小説すばる新人賞受賞、ユーモア小説の傑作。

引用:「BOOK」データベース

なかよし小鳩組

文庫本で読むAmazon
楽天ブックス
Yahoo!ショッピング
セブンネット
電子書籍で読むkindle
楽天kobo

倒産寸前の零細代理店・ユニバーサル広告社に大仕事が舞いこんだ。ところが、その中身はヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略、というとんでもない代物。担当するハメになった、アル中でバツイチのコピーライター杉山のもとには、さらに別居中の娘まで転がりこんでくる。社の未来と父親としての意地を賭けて、杉山は走りだすが―。気持ちよく笑えて泣ける、痛快ユーモア小説。

引用:「BOOK」データベース

花のさくら通り

文庫本で読むAmazon
楽天ブックス
Yahoo!ショッピング
セブンネット
電子書籍で読むkindle
楽天kobo

倒産寸前のユニバーサル広告社。コピーライターの杉山を始め個性豊かな面々で乗り切ってきたが、ついにオフィスを都心から、“さくら通り商店街”に移転。ここは、少子化やスーパー進出で寂れたシャッター通りだ。「さくら祭り」のチラシを頼まれた杉山たちは、商店街活性化に力を注ぐが…。年代も事情も違う店主たちを相手に奮闘する涙と笑いのまちづくり&お仕事小説。ユニバーサル広告社シリーズ第3弾。

引用:「BOOK」データベース

最上俊平シリーズ

ハードボイルド・エッグ

文庫本で読むAmazon
楽天ブックス
Yahoo!ショッピング
セブンネット
電子書籍で読むkindle
楽天kobo

私の名は最上俊平。私立探偵だ。フィリップ・マーロウを敬愛する私は、ハードボイルドに生きると決めているが、持ちこまれるのはなぜかペットの捜索依頼ばかり。正直、役不足である。そろそろ私は変わろうと思う。しかるべき探偵、しかるべき男に―。手始めに、美人秘書を雇うことを決意したが、やってきたのはなんとも達者な女性で…。心優しき私立探偵とダイナマイト・ボディ(?)の秘書が巻きこまれた殺人事件。くすりと笑えてほろりと泣けるハードボイルドの傑作、待望の新装版。

引用:「BOOK」データベース

サニーサイドエッグ

文庫本で読むAmazon
楽天ブックス
Yahoo!ショッピング
セブンネット
電子書籍で読むkindle
楽天kobo

私は最上俊平、私立探偵である。ハードボイルド小説を愛する私は、決してペット探偵ではないのだ。だが、着物姿も麗しい若い女性とヤクザから、立て続けに猫捜しの依頼が。しかも、どちらの猫もロシアンブルー!?なりゆきで雇うことになった秘書に、独自に習得した猫捜しの極意を伝授し、捜査は順調に進むはずが…。名作『ハードボイルド・エッグ』の続編、いよいよ文庫化。

引用:「BOOK」データベース
タイトルとURLをコピーしました