恩田陸の全シリーズ作品をまとめました【読む順番】

読む順番【シリーズ】

今回は、恩田陸のシリーズ作品を紹介致します。

  • 理瀬シリーズ
  • 常野物語シリーズ
  • 神原恵弥シリーズ

その他の小説は、以下の記事をご覧下さい。

合わせて読む 【恩田陸×読む順番】小説/その他を全作品まとめました

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

恩田陸の全シリーズ作品をまとめました【読む順番】

作品の詳細です。

理瀬シリーズ

  • 理瀬シリーズ①三月は深き紅の淵を
  • 理瀬シリーズ②麦の海に沈む果実
  • 理瀬シリーズ③黒と茶の幻想
  • 理瀬シリーズ④殺人鬼の放課後 ミステリ・アンソロジー2/青に捧げる悪夢 (共に「水晶の夜、翡翠の朝」)※外伝ストーリー
  • 理瀬シリーズ⑤図書室の海(第4話:睡蓮)※外伝ストーリー
  • 理瀬シリーズ⑥黄昏の百合の骨
  • 理瀬シリーズ⑦謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー(麦の海に浮かぶ檻)※外伝ストーリー

理瀬シリーズ①三月は深き紅の淵を

鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探しても見つからない稀覯本『三月は深き紅の淵を』の話。たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された本をめぐる珠玉のミステリー。

「BOOK」データベース

理瀬シリーズ②麦の海に沈む果実

三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷いこんだ「三月の国」の秘密とは?この世の「不思議」でいっぱいの物語。

「BOOK」データベース

理瀬シリーズ③黒と茶の幻想

太古の森をいだく島へ―学生時代の同窓生だった男女四人は、俗世と隔絶された目的地を目指す。過去を取り戻す旅は、ある夜を境に消息を絶った共通の知人、梶原憂理を浮かび上がらせる。あまりにも美しかった女の影は、十数年を経た今でも各人の胸に深く刻み込まれていた。「美しい謎」に満ちた切ない物語。

引用:「BOOK」データベース

雨の音を聞きながら、静かな森の中を進んでいく大学時代の同窓生たち。元恋人も含む四人の関係は、何気ない会話にも微妙な陰翳をにじませる。一人芝居を披露したあと永遠に姿を消した憂理は既に死んでいた。全員を巻き込んだ一夜の真相とは?太古の杉に伝説の桜の木。巨樹の森で展開する渾身の最高長編。

引用:「BOOK」データベース

理瀬シリーズ④殺人鬼の放課後 ミステリ・アンソロジー2(青に捧げる悪夢)※外伝ストーリー

殺人鬼こそ本格ミステリの主役!?湿原に建つ全寮制の学校。悪意のゲーム『笑いカワセミ』に挑むのは、美貌の少年ヨハン!(水晶の夜、翡翠の朝)。恵美が僕に語る、誘拐された少女3人の運命(攫われて)。新しい受講生は、死んだあの娘とあまりにも似ていた(還って来た少女)。コンクリートで固められた7つの立方体を支配する、恐るべき死の法則(SEVEN ROOMS)。恐怖とサスペンスに満ちた、書き下ろしアンソロジー第2弾。

「BOOK」データベース

理瀬シリーズ⑤図書室の海(睡蓮)※外伝ストーリー

理瀬シリーズスピンオフ作品です。

あたしは主人公にはなれない―。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から、秘密の使命を授かった。高校で代々語り継がれる“サヨコ”伝説に関わる使命を…。少女の一瞬のときめきを描く『六番目の小夜子』の番外篇(表題作)、『夜のピクニック』の前日譚「ピクニックの準備」など全10話。恩田ワールドの魅力を凝縮したあまりにも贅沢な短篇玉手箱。

「BOOK」データベース

理瀬シリーズ⑥黄昏の百合の骨

「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り家は処分してはならない」亡き祖母の奇妙な遺言に従い、「魔女の館」と噂される洋館に、理瀬は、やってきた…。華麗なる恩田ミステリー。

「BOOK」データベース

理瀬シリーズ⑦謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー(麦の海に浮かぶ檻)※外伝ストーリー

「館」の謎は終わらない―。館に魅せられた作家たちが書き下ろす、色とりどりのミステリの未来!最先端を行く作家たちが紡ぎ出す6つの謎。

「BOOK」データベース

常野物語シリーズ

  • 常野物語シリーズ①光の帝国
  • 常野物語シリーズ②蒲公英草子
  • 常野物語シリーズ③エンド・ゲーム

作品の詳細です。

常野物語シリーズ①光の帝国

膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちから―「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそりと暮らす人々。彼らは何のために存在し、どこへ帰っていこうとしているのか?不思議な優しさと淡い哀しみに満ちた、常野一族をめぐる連作短編集。優しさに満ちた壮大なファンタジーの序章。

「BOOK」データベース

常野物語シリーズ②蒲公英草子

青い田園が広がる東北の農村の旧家槙村家にあの一族が訪れた。他人の記憶や感情をそのまま受け入れるちから、未来を予知するちから…、不思議な能力を持つという常野一族。槙村家の末娘聡子様とお話相手の峰子の周りには、平和で優しさにあふれた空気が満ちていたが、20世紀という新しい時代が、何かを少しずつ変えていく。今を懸命に生きる人々。懐かしい風景。待望の切なさと感動の長編。

「BOOK」データベース

常野物語シリーズ③エンド・ゲーム

『あれ』と呼んでいる謎の存在と闘い続けてきた拝島時子。『裏返さ』なければ、『裏返され』てしまう。『遠目』『つむじ足』など特殊な能力をもつ常野一族の中でも最強といわれた父は、遠い昔に失踪した。そして今、母が倒れた。ひとり残された時子は、絶縁していた一族と接触する。親切な言葉をかける老婦人は味方なのか?『洗濯屋』と呼ばれる男の正体は?緊迫感溢れる常野物語シリーズ第3弾。

「BOOK」データベース

神原恵弥シリーズ

  • 神原恵弥シリーズ①MAZE
  • 神原恵弥シリーズ②クレオパトラの夢
  • 神原恵弥シリーズ③ブラック・ベルベット

作品の詳細です。

神原恵弥シリーズ①MAZE

アジアの西の果て、荒野に立つ直方体の白い建物。一度中に入ると、戻れない人間が数多くいるらしい。その「人間消失のルール」を解明すべくやってきた男たちは、何を知り得たのか?めくるめく幻想と恐怖に包まれる長編ミステリー。人間離れした記憶力を持ち、精悍な面差しで女言葉を繰り出す、魅惑のウイルスハンター・神原恵弥を生み出した、シリーズ第一作!

「BOOK」データベース

神原恵弥シリーズ②クレオパトラの夢

北国のH市を訪れた神原恵弥。不倫相手を追いかけていった双子の妹を連れ戻すという名目の裏に、外資製薬会社の名ウイルスハンターとして重大な目的があった。H市と関係があるらしい「クレオパトラ」と呼ばれるものの正体を掴むこと。人々の欲望を掻きたててきたそれは、存在自体が絶対の禁忌であった―。謎をめぐり、虚実交錯する世界が心をとらえて離さない、シリーズ第二作!

「BOOK」データベース

神原恵弥シリーズ③ブラック・ベルベット

東洋と西洋の交差点、T共和国。外資製薬会社の凄腕ウイルスハンター・神原恵弥が訪れた目的は、夢のような鎮痛剤と噂される「D・F」についてある人物から情報を得ることと、T共和国内で消息を絶った女性科学者を捜索すること。そしてもう一つは、密かに恋人関係にあった橘浩文と再会することだった。国内で見つかったという黒い苔に覆われた死体、女性科学者の足取り、「D・F」の正体、橘の抱える秘密…。すべての背景が明かされて浮上する、驚愕の事実。好評シリーズ第三作!

「BOOK」データベース
タイトルとURLをコピーしました