【太宰治×読む順番】小説/その他を全作品まとめました

読む順番【文豪】

今回は、太宰治の読む順番について紹介していきます。

太宰治

(1909-1948)青森県金木村(現・五所川原市金木町)生れ。本名は津島修治。東大仏文科中退。

在学中、非合法運動に関係するが、脱落。酒場の女性と鎌倉の小動崎で心中をはかり、ひとり助かる。1935(昭和10)年、「逆行」が、第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。この頃、パビナール中毒に悩む。1939年、井伏鱒二の世話で石原美知子と結婚、平静をえて「富嶽百景」など多くの佳作を書く。戦後、『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し山崎富栄と玉川上水で入水自殺。

太宰治さんの映画化作品については、以下の記事をご覧下さい。

合わせて読む【太宰治×見る順番】映画化作品をまとめました

それではみていきましょう。

wowow
スポンサーリンク

【太宰治×読む順番】小説とその他と全作品集めました

太宰治の全作品を紹介します。

  • 温泉(雑纂)
  • 最後の太閤
  • 虚勢
  • 角力
  • 犠牲
  • 負けぎらひト敗北ト
  • 地図
  • 私のシゴト
  • 針医の圭樹
  • 侏儒楽(雑纂)
  • 傴僂(雑纂)
  • 将軍
  • 哄笑に至る
  • 口紅
  • 埋め合せ(雑纂)
  • 再び埋め合せ(雑纂)
  • 雑記(雑纂)
  • モナコ小景
  • 怪談
  • 名君
  • 無間奈落
  • 股をくゞる
  • 彼等と其のいとしき母
  • 此の夫婦
  • 先づ図書室を見舞ふ(雑纂)
  • 鈴打
  • 哀れに笑ふ
  • 虎徹宵話(初)
  • 哀蚊
  • 花火
  • 文芸時評/十月の創作(雑纂)
  • 虎徹宵話(改)
  • 地主一代
  • 学生群
  • 郷土文壇(雑纂)
  • 魚服記
  • 列車
  • 田舎者(随想)
  • 魚服記に就て(随想)
  • 思ひ出
  • 道化の華
  • 断崖の錯覚
  • 玩具
  • 洋之助の気炎(井伏鱒二との合作)
  • 猿面冠者
  • 彼は昔の彼ならず
  • ロマネスク
  • 飾らぬ生水晶/中島健蔵氏著「疑と象徴」(雑纂)
  • 雀こ
  • 猿ケ島
  • 今月の便り
  • 川端康成へ(随想)
  • 陰火
  • ダス・ゲマイネ
  • 逆行
  • 作者の言分/十月創作評に応へて(随想)
  • 地球図  
  • めくら草紙
  • 作家生活に対する構へ、覚悟
  • 人物に就いて(随想)
  • 作者の言分/十二月創作評に応へて(随想)
  • もの思ふ葦(随想)
  • 碧眼托鉢(随想)
  • 雌に就いて
  • 喝采
  • 古典竜頭蛇尾(随想)
  • 文学賞を与へるとすれば(アンケート)
  • 悶悶日記(随想)
  • 狂言の神
  • 虚構の春
  • 走ラヌ名馬(随想)
  • 創生記
  • 先生三人(随想)
  • HUMAN LOST
  • 春夫と旅行できなかつた話(随想)
  • 二十世紀旗手
  • 音に就いて(随想)
  • あさましきもの
  • 檀君の近業について(随想)
  • 灯籠
  • 思案の敗北(随想)
  • 創作余談(随想)
  • 「晩年」に就いて(随想)
  • 一日の労苦(随想)
  • 多頭蛇哲学(随想)
  • 答案落第(随想)
  • 緒方氏を殺した者(随想)
  • 一歩前進二歩退却(随想)
  • 満願
  • 姥捨
  • 花燭
  • 富士に就いて(随想)
  • 女人創造(随想)
  • 校長三代(随想)
  • むかしの亡者(随想)
  • 火の鳥
  • 九月十月十一月(随想)
  • I can speak
  • 黄金風景
  • 富嶽百景
  • 女生徒
  • 懶惰の歌留多
  • 秋風記
  • 新樹の言葉
  • 愛と美について
  • 新協映画の原作にどんな原作を(アンケート)
  • 葉桜と魔笛
  • 春昼(随想)
  • 当選の日(随想)
  • 春の盗賊
  • 「人間キリスト記」その他(随想)
  • 正直ノオト(随想)
  • ラロシフコー(随想)
  • 八十八夜
  • 座興に非ず
  • 美少女
  • ア、秋
  • 畜犬談
  • デカダン抗議
  • 皮膚と心
  • おしやれ童子
  • 市井喧争(随想)
  • 酒ぎらひ(随想)
  • 困惑の弁(随想)
  • 俗天使
  • 兄たち
  • 女人訓戒
  • 駈込み訴へ
  • 心の王者(随想)
  • このごろ(随想)
  • 無趣味(随想)
  • 金木の旧正月(随想)
  • 老ハイデルベルヒ
  • 鬱屈禍(随想)
  • 自作を語る(随想)
  • 失敗園
  • 文学者として近衛内閣に要望す(アンケート)
  • 砂子屋(随想)
  • 一灯
  • きりぎりす
  • パウロの混乱(随想)
  • 文盲自嘲(随想)
  • 乞食学生
  • 今年度の文学作品に就き感銘に残つたものは(アンケート)
  • 服装に就いて
  • リイズ
  • かすかな声(随想)
  • 田中君に就いて
  • 清貧譚
  • みみづく通信
  • 弱者の糧(随想)
  • 佐渡
  • 男女川と羽左衛門(随想)
  • 五所川原(随想)
  • 青森(随想)
  • 古今の詩歌につき御愛唱のもの一首(アンケート)
  • 犯しもせぬ罪を
  • 令嬢アユ
  • 千代女
  • ろまん灯籠
  • 容貌(随想)
  • 新ハムレツト
  • 「晩年」と「女生徒」(随想)
  • 私の著作集(随想)
  • 読み落した古典作品(アンケート)
  • 風の便り
  • 世界的(随想)
  • 本年度の文学作品で好かれ悪かれ貴下の関心を惹いたものは何か?(アンケート)
  • 万葉集の好きな歌(アンケート)
  • 日記抄(アンケート)
  • 私信(随想)
  • 或る忠告(随想)
  • 新郎
  • 食通(随想)
  • 十二月八日
  • 律子と貞子
  • 待つ
  • 正義と微笑
  • 机辺の書
  • 水仙
  • 一問一答(随想)
  • ぼくの説明
  • 小さいアルバム
  • (無題の随想)
  • 小照(随想)
  • 炎天汗談(随想)
  • 私の好きな詩と言葉
  • 天狗(随想)
  • 花火
  • 桜岡孝治著『馬来の日記』序
  • 帰去来
  • 黄村先生言行録
  • 故郷
  • 禁酒の心
  • 鉄面皮
  • 右大臣実朝
  • 赤心
  • 花吹雪 
  • 佳日
  • わが愛好する言葉(随想)
  • 若き日の感銘の書
  • 作家の手帖
  • 不審庵
  • 金銭の話(随想)
  • 散華
  • (無題)
  • 横綱(随想) 
  • 革財布(随想)
  • 「惜別」の意図(随想)
  • 芸術ぎらひ(随想)
  • 雪の夜の話
  • 東京だより
  • 津軽
  • 郷愁(随想)
  • 純真(随想)
  • 新釈諸国噺
  • 自著を語る(随想)
  • 一つの約束(随想)
  • 惜別
  • 竹青
  • 春(随想)
  • お伽草紙
  • 薄明
  • パンドラの匣
  • 庭 
  • 親といふ二字
  • 貨幣
  • 自分の推す新人と文学の方向
  • 逢ひたいひと

作品数がものすごい為、全集を紹介します。

太宰治全集

この1冊で太宰治の全作品を読むことが可能です。

尚、kindle版となっております。


『太宰治全集・280作品⇒1冊』

「走れメロス」「人間失格」「斜陽」を始めとする代表的な作品のほか、玉川入水とともに絶筆となった「グッドバイ」までの、一挙「280作品」を網羅した大全集。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

引用:Amazon
タイトルとURLをコピーしました