【姫野カオルコ×読む順番】小説/エッセイを全作品まとめました

読む順番【女性作家】

今回は、姫野カオルコさんの作品を読む順番について紹介致します。

姫野嘉兵衛。1958年滋賀県出身。97年『受難』(文春文庫)が第一一七回直木賞候補、04年『ツ、イ、ラ、ク』(角川文庫)が第一三〇回直木賞候補、06年『ハルカ・エイティ』(文春文庫)が第一三四回直木賞候補、10年『リアル・シンデレラ』

引用:Amazon著者セントラル

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

【姫野カオルコ×読む順番】小説/エッセイを全作品まとめました

  • 【1990年】ひと呼んでミツコ
  • 【1990年】ガラスの仮面の告白
  • 【1991年】恋愛できない食物群:【改題】禁欲のススメ
  • 【1992年】空に住む飛行機:【改題】ドールハウス
  • 【1992年】四角関係:【改題】A. B. O. AB
  • 【1992年】変奏曲
  • 【1994年】喪失記
  • 【1994年】短編集H:【改題】H(アッシュ)
  • 【1994年】愛は勝つ、もんか
  • 【1995年】愛はひとり
  • 【1995年】ブスのくせに!:【改題・改稿】ブスのくせに! 最終決定版
  • 【1996年】ラブレター:【改題】終業式
  • 【1996年】バカさゆえ・・・。
  • 【1996年】不倫(レンタル)
  • 【1997年】受難
  • 【1997年】みんな、どうして結婚してゆくのだろう
  • 【1997年】初体験物語
  • 【1999年】整形美女
  • 【2000年】蕎麦屋の恋
  • 【2000年】サイケ
  • 【2000年】すべての女は痩せすぎである
  • 【2001年】特急こだま東海道線を走る:【改題】ちがうもん:【改題】純喫茶
  • 【2002年】よるねこ
  • 【2002年】ほんとに「いい」と思ってる?
  • 【2003年】ツ、イ、ラ、ク
  • 【2005年】桃:【改題】桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク
  • 【2005年】ハルカ・エイティ
  • 【2006年】コルセット:【改題】お金のある人の恋と腐乱
  • 【2007年】ああ正妻:【改題】結婚は人生の墓場か?
  • 【2008年】すっぴんは事件か?:【改題】ジャズをかける店がどうも信用できないのだが……。
  • 【2009年】もう私のことはわからないのだけれど:【改題】風のささやき 介護する人への13の話
  • 【2010年】リアル・シンデレラ
  • 【2011年】ああ、懐かしの少女漫画
  • 【2013年】ああ、禁煙vs.喫煙
  • 【2013年】昭和の犬
  • 【2014年】近所の犬
  • 【2015年】部長と池袋
  • 【2015年】謎の毒親
  • 【2018年】彼女は頭が悪いから

ひと呼んでミツコ


ひと呼んでミツコ (集英社文庫)

彼女はミツコ。私立薔薇十字女子大英文科在籍中。名高い香水と同じ名前を持つ女―。その盲腸の手術痕がうずく時、不埓なやつらに公衆道徳の鉄槌が下る。強力倫理観と超人的能力をあわせ持つスーパー学生ミツコは今日も行く。荒廃する現代社会を憂うすべての市民、まっとうゆえに切歯扼腕している老若男女必読。文学のジャンルを超越した傑作小説。21世紀はミツコの時代だ。

引用:「BOOK」データベース

ガラスの仮面の告白


ガラスの仮面の告白 (角川文庫)

「男性と一式の寝具で寝て何もなかった数の世界一」というのが、もしギネス・ブックにあったら、うまくいけば載れるんじゃないかと思う。大学生時代など、いったい何人の男性と寝ただろう、グーグーと…。杉村くんとも畑さんとも寺沢くんとも藤堂くんとも清水くんとも、私はセックスしていない。キスもしていない。手も握り合っていない。彼らと私は、男と女ではなく、中性と中性のつきあいだった―。(「リボンの騎士」より)。享楽の都TOKYOに上京した、夢多き乙女が綴る、孤独で切ないけれど、明るくって元気なエッセイの数々。

恋愛できない食物群:【改題】禁欲のススメ


禁欲のススメ (角川文庫)

無垢な乙女が淫らに綴る、ヒメノ式恋愛論。

引用:「BOOK」データベース

空に住む飛行機:【改題】ドールハウス


ドールハウス (角川文庫)

たとえば、姉の食べ残しに弟が躊躇なく手を出せる―そんなふつうの生活を理加子は夢みている。軍隊にも劣らないほど強権な父親と、一度も家族を愛したことのない母親のもと、理加子は大屋敷家ただひとりの子供として“石の歳月”を過してきた。“不良になるから”という理由で、映画、読書はもちろん電話、手紙に至るまで禁止されてもなお、理加子は両親に逆らえない。そんな彼女の前に粗暴で強引な男性江木が現れ、次第に心を開いてゆくが…。子供から大人へ。集団から個へ。誰もが通過する家=家族との決別を綴った切ない物語。

引用:「BOOK」データベース

四角関係:【改題】A. B. O. AB


A.B.O.AB (集英社文庫)

血液型にとらわれて「男女交際」なんてダサイ…などと考えてはいけません。血液型を信じましょう。A、B、O、AB、それぞれの血液型の男女8人がいて、恋愛のドラマが始まる。切ない擦れ違いや、ドライな別れがあって、でも詰まるところ収まるように収まる。それってやっぱり運命だったのかも。新しい物語の世界がある血液型恋愛シミュレーション小説。

引用:「BOOK」データベース

変奏曲


変奏曲 (角川文庫)

血の絆で結ばれた洋子と高志。異なる性の双子が貪る、耽美な禁断のエロティシズム。それは、洋子の婚礼が近づくにつれ、哀しく顕在化していった…。幻想は現実に、情念は行為へ。時代を超えて幽玄世界へと誘う現代のロマネスク文学。

引用:「BOOK」データベース

喪失記


喪失記 (角川文庫)

33歳、処女。「女」であることを許さずに生きてきた歳月をいまゆっくりと咀嚼する…あまりにも素直であまりにも残酷な、生身の女の告白。

引用:「BOOK」データベース

短編集H:【改題】H(アッシュ)


H(アッシュ) (徳間文庫)

恋人も友達もなく、一人でアパートの隣室を覗いている男が、やっと出会った清楚な女性。だが、その正体は―(『エンドレス・ラブ』)。部下のボディコン娘にふりまわされてばかりの課長はついに?恋にさめてる女がただ一人好きだった相手は?愛想のよい美容師が鞄の中に隠している物は?表に見える光景の裏側に強烈な皮肉と風刺をひそませたストーリー・テリングの妙味あふれる十篇を収録。

引用:「BOOK」データベース

愛は勝つ、もんか


愛は勝つ、もんか (角川文庫)

「兎おいしい彼の山」と、子供のころからよだれを流して思い込んでいた、あのカオルコ・ヒメノが、“音頭の中の音頭は『オバQ音頭』だぜ”と謳い上げ、“子供は不純で狡賢く、少女とは人生でもっともうぬぼれたあぶらっこいスケベ期”だと真実を淡々と語り、“売春を国営化して福祉費にまわすべきである”と断言する、核弾頭的恋愛論&ゴージャス随筆。

引用:「BOOK」データベース

愛はひとり


愛はひとり (集英社文庫)

目が醒める。ひとりである…。今日も平穏な日常が虚しく過ぎていく。そして、果てしのない寂しさ―。淡々と、しかし赤裸々に語られる、ある女の「ひとりであること」。孤独な生活のなかで愛を求め続ける切実な心を、フレンチ・ポップスの名曲に託し、詩情豊かに、そして幻想的に描くビジュアル短編集。すべての孤独な女性必読の「処方箋」。この本で、あなたの症状もきっと治ります。

引用:「BOOK」データベース

ブスのくせに!:【改題・改稿】ブスのくせに! 最終決定版


ブスのくせに! 最終決定版 (集英社文庫)

美しくなろうと日夜努力を欠かさぬ女性たちよ。エステも整形もミニスカも「美人」と呼ばれるためには役立たない。カッコよくなろうと、カツラや「サイズ」や脱毛に神経をすり減らす男性たちよ。それでは彼女をモノにできない。あなたがこだわり、努力してることは、実はまるで的外れ!?読めば目からウロコの新視点、ヒメノ式「外見ウォッチング」決定版。美の最終兵器的エッセイ。

引用:「BOOK」データベース

ラブレター:【改題】終業式


終業式 (角川文庫)

かけがえのない、高校生だった日々を共に過ごした四人の男女。テストにやきもきしたり、文化祭に全力投球したり、ほのかな恋心を抱いたり―。卒業してからも、ときにすれ違い、行き違い、手さぐりで距離をはかりながら、お互いのことをずっと気にかけていた。卒業から20年のあいだに交わされた、あるいは出されることのなかった手紙、葉書、FAX、メモetc.で全編を綴る。ごく普通の人々が生きる、それぞれの切実な青春が、行間から見事に浮かび上がる―。姫野文学の隠れた名作。

バカさゆえ・・・。


バカさゆえ・・・。 (角川文庫)

「会いたかったわ、ラリー。すごく会いたかったわ」サマンサは身を床にかがめると、ラリーの股間ですでに45口径マグナムのように堅くなったもの啜った。関係ができて一年たつ前から、事がスタートするとサマンサは大胆な行動をする。それがラリーには気持ちいい。「Mmm…この、この、このやろめ」(『奥様はマジよ』より)サマンサ・スティーブンス、香山リカ、夢野サリー、そして矢吹丈。今なお心に残るあの人たちの知られざる私生活を綴った、ちょっとシュールな短編小説集。書き下ろしカルトガイド付き。

引用:「BOOK」データベース

不倫(レンタル)


不倫(レンタル) (角川文庫)

いまだに処女の30女、力石理気子(美人)にロマンスが訪れた。はたしてみごと「セックスをしていただける」か?ぬるいフェミニズムと甘いナルシシズムにパワーボムを食らわす、闘魂のハイパー文学。

引用:「BOOK」データベース

受難

みんな、どうして結婚してゆくのだろう

初体験物語

整形美女

蕎麦屋の恋

サイケ

すべての女は痩せすぎである

特急こだま東海道線を走る:【改題】ちがうもん:【改題】純喫茶

よるねこ

ほんとに「いい」と思ってる?

ツ、イ、ラ、ク

桃:【改題】桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク

ハルカ・エイティ

コルセット:【改題】お金のある人の恋と腐乱

ああ正妻:【改題】結婚は人生の墓場か?

すっぴんは事件か?:【改題】ジャズをかける店がどうも信用できないのだが……。

もう私のことはわからないのだけれど:【改題】風のささやき 介護する人への13の話

リアル・シンデレラ

ああ、懐かしの少女漫画

ああ、禁煙vs.喫煙

昭和の犬

近所の犬

部長と池袋

謎の毒親

彼女は頭が悪いから

タイトルとURLをコピーしました