【今村昌弘×読む順番】小説を全作品まとめました

読む順番【男性作家】

今回は、今村昌弘さんの作品を読む順番について紹介致します。

1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018年版』、“週刊文春”2017年ミステリーベスト10、『2018本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞「小説部門」を受賞。続編に『魔眼の匣の殺人』がある

引用:BOOK著者紹介情報

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

【今村昌弘×読む順番】小説を全作品まとめました

全作品をまとめました。

  • 【2017年】屍人荘の殺人
  • 【2019年】魔眼の匣の殺人

作品の詳細です。

屍人荘の殺人


屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子とペンション紫湛荘を訪れる。しかし想像だにしなかった事態に見舞われ、一同は籠城を余儀なくされた。緊張と混乱の夜が明け、部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。それは連続殺人の幕開けだった!奇想と謎解きの驚異の融合。衝撃のデビュー作!

引用:「BOOK」データベース

魔眼の匣の殺人


魔眼の匣の殺人 屍人荘の殺人シリーズ

「あと二日で四人死ぬ」閉ざされた“匣”の中で告げられた死の予言は成就するのか。『屍人荘の殺人』待望のシリーズ第2弾!!

引用:「BOOK」データベース
タイトルとURLをコピーしました