【カイジ×読む順番】漫画を全作品集めました

生活

今回は漫画:カイジの読む順番について紹介していきます。

著者情報です。

福本 伸行

福本 伸行は、日本の漫画家・漫画原作者。神奈川県横須賀市出身。右利き。既婚。 かざま鋭二のアシスタントを経て、1980年『月刊少年チャンピオン』連載の『よろしく純情大将』でデビュー。主な作品に『賭博黙示録カイジ』、『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』、『銀と金』、『天 天和通りの快男児』などがある。

引用:ウィキペディア

カイジの見る順番については以下【賭博黙示録カイジ×見る順番】実写映画/アニメを全作品集めましたの記事をご覧ください。

まだ完結していないので最新までの作品を紹介していきます。

スポンサーリンク

【カイジ×読む順番】漫画を全作品集めました

6シリーズを順番に紹介していきます。

賭博黙示録カイジ(全13巻)

第1巻の内容紹介: 上京後、自堕落な日々を過ごしていた伊藤開司(カイジ)は、ある日金融業者の遠藤により、かつて自分が保証人になっていた借金を押しつけられる。遠藤に誘われるままカイジは負債者に借金一括返済のチャンスを与えるというギャンブル船「エスポワール」に乗り込む。そこで行われるのはカード12枚を使った「限定ジャンケン」。うまく勝てば借金は帳消しだが、負ければ命の保証は無いというものだった……。1998年に雑誌「ヤングマガジン」で連載を開始すると同時に大人気になった福本伸行の代表作。(Amazonより)

本をクリックすると詳細をご覧頂けます。

賭博破戒録カイジ(全13巻)

ギャンブル漫画の金字塔カイジついに、第3章「欲望の沼」に突入!!利根川(とねがわ)が失脚後、不遇をかこっていた遠藤(えんどう)に渡された劣悪債務者リスト。そこには、忘れもしないカイジの写真が! 彼を見つけ出そうとする遠藤の前に、当のカイジが現れて、ギャンブルを紹介してくれと頼み込む。しかし、カイジはその場で確保されて、地獄のような強制労働施設に連れて行かれ……!?(Amazonより)

本をクリックすると詳細をご覧頂けます。

賭博堕天録カイジ(全13巻)

第1巻の内容紹介: 鬼才、福本伸行が描く『カイジ』新章!シリーズ第3弾は「堕天録」!第4章「渇望の血」スタート!!「沼」での死闘から半年後。地下から脱出し借金を完済したカイジは、かつてギャンブルで共闘した坂崎の家に居候し、働かず堕落した日々を送っていた。そんなカイジに愛想を尽かした坂崎は手切れ金として300万円を渡し、追い出そうとする。その時カイジは地下で仲間だった三好・前田と再会し、彼らが勤める裏カジノの社長・村岡から大金を騙し取る計画を持ちかけられる。カイジは必ず返すと約束して坂崎から300万円を受け取り、村岡が考案した変則麻雀「17歩」で勝負する。(Amazonより)

本をクリックすると詳細をご覧頂けます。

賭博堕天録カイジ 和也編(全10巻)

第1巻の内容紹介: 極悪社長との変則二人麻雀「17歩」勝負を制し、4億8千万もの大金を獲得したカイジ!!その勝負の余韻も冷めやらぬ中、帝愛グループの会長である兵藤和尊の息子・和也から、勝負を持ちかけられる!!そして、カイジは勝負を受ける「待っていたそのセリフ…… 決戦だっ ……!!」1996年に雑誌「ヤングマガジン」で連載を開始すると同時に大人気になった福本伸行の代表作。(Amazonより)

本をクリックすると詳細をご覧頂けます。

賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(全16巻)

第1巻の内容紹介: 救出ゲームで命を救ったチャンとマリオを仲間に加えたカイジが、帝愛グループの兵藤会長の息子・和也と雌雄を決すべく到着したのは帝愛の倉庫だった。和也は「マザー・ソフィー」というマシンでカード1枚の勝負をするギャンブル「ワン・ポーカー」の説明を始める。「一張り2億=1ライフ」を提案する和也に唖然とするカイジ。常軌を逸したギャンブル、究極のデスマッチが、いま幕を開ける…!!(Amazonより)

本をクリックすると詳細をご覧頂けます。

賭博堕天録カイジ 24億脱出編

新章スタート‼

1体2億円のライフ人形を賭ける、ワン・ポーカー勝負‼その死闘は、24回戦にまでもつれ、最後は互いの命までも、賭することに。すべてを賭けた、最後の勝負‼ 結果は、和也の2を、3で返り討ちにした、カイジの勝利。和也の処刑が粛々と行われる中、カイジは、和也の命を助けることに。勝負が決した今、その賭け金、24億円を手にしたカイジは、帝愛からの脱出を試みる⁉(Amazonより)

本をクリックすると詳細をご覧頂けます。

以上になります。

カイジはまだ完結していないので随時最新を掲載していきます。

タイトルとURLをコピーしました