吉田修一の全シリーズ作品をまとめました【読む順番】

読む順番【シリーズ】

今回は、吉田修一さんのシリーズ作品についての読む順番をまとめました。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

吉田修一の全シリーズ作品をまとめました【読む順番】

鷹野一彦シリーズ
  • 【2012年】太陽は動かない
  • 【2015年】森は知っている
  • 【2018年】ウォーターゲーム

鷹野一彦シリーズ

太陽は動かない


太陽は動かない (幻冬舎文庫)

油田開発利権争いの渦中で起きた射殺事件。産業スパイ組織AN通信の鷹野一彦は、部下の田岡とその背後関係を探っていた。目的は機密情報を入手し高値で売り飛ばすこと。商売敵のデイビッドと謎の美女AYAKOが暗躍し、ウイグル過激派による爆破計画の噂もあるなか、田岡が何者かに拉致された。息詰まる情報戦の末に、巨万の富を得るのは誰か?産業スパイ“鷹野一彦”シリーズ第1弾!

引用:「BOOK」データベース

森は知っている


森は知っている (幻冬舎文庫)

南の島で知子ばあさんと暮らす十七歳の鷹野一彦。体育祭に興じ、初恋に胸を高鳴らせるような普通の高校生活だが、その裏では某諜報機関の過酷な訓練を受けている。ある日、同じ境遇の親友・柳が一通の手紙を残して姿を消した。逃亡、裏切り、それとも―!?その行方を案じながらも、鷹野は訓練の最終テストとなる初ミッションに挑むが…。

引用:「BOOK」データベース

ウォーターゲーム


ウォーターゲーム

敵か味方か、嘘か真実か、善か悪か―!?金の匂いに敏感な男女が、裏切りあい、騙しあいながら“今”を駆け抜ける!

引用:「BOOK」データベース
タイトルとURLをコピーしました