【太宰治×見る順番】映画化作品をまとめました

見る順番【映画】

今回は、太宰治さんの映画化作品を見る順番について紹介致します。

太宰治さんの小説を読む順番については以下の記事をご覧下さい。

合わせて読む【太宰治×読む順番】小説/その他を全作品まとめました

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

【太宰治×見る順番】映画化作品をまとめました

作品の詳細です。

佳日

1944年に映画化されました。

看護婦の日記1947

1947年7月公開の日本映画。製作は大映。『パンドラの匣』を原作とするこの映画のタイトルは当初『思春期の娘達』であったが、太宰がこれを嫌い『看護婦の日記』と改められた。(ウィキペディアより)

奇巌城の冒険1966

シルクロードを舞台にした、三蔵法師を思わせる僧侶と三船敏郎演ずる快男児の冒険譚。仏舎利を日本に持ち帰ることを悲願とする僧侶・円済は、奴隷として売られている大男・大角と出会う。共に旅することになった二人に、様々な苦難が襲いかかる…。

引用:「Oricon」データベース

走れメロス(アニメ)

『走れメロス』(はしれメロス)は、1992年7月18日より東映系劇場で公開されたアニメ映画。太宰治の同名の小説を原作としているが、設定の一部を変更して史実を織り交ぜたり、メロス以外の登場人物の心の動きにも焦点をあてるなど、独自のストーリーを作り出している。

引用:ウィキペディア

富嶽百景〜遥かなる場所〜2006

『バトルロワイヤル』『木更津キャッツアイ』などに出演し、若手実力派俳優として注目を集める塚本高史が、太宰治の名作に挑む!共演者は田丸麻紀、小林涼子、小橋めぐみほか。

引用:「Oricon」データベース

パンドラの匣2009

太宰治の青春小説を『パビリオン山椒魚』の若き天才、冨永昌敬監督・脚本で映画化!染谷将太、川上未映子、仲里依紗、窪塚洋介といった豪華キャストが集結!太平洋戦争敗戦直以後。結核を患う青年・利助は、人里離れた結核療養所“健康道場”に入所する。そこは患者も看護婦もお互いにアダ名で呼び合う習慣があり、間もなく利助もひばりと名付けられる。そんなある日、ひばりは看護婦長の竹さんのことが気になり始め…。

引用:「Oricon」データベース

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜2009

モントリオール世界映画祭、最優秀監督賞受賞。ある夫婦を通して男女の様々な愛の形を描く、太宰治の同名原作を映画化。秀でた才能を持つ小説家の大谷と誠実で美しいその妻・佐知。大谷はその才能とは裏腹に酒を飲み歩き、借金を重ね、妻以外の女性とも深い関係になってしまう破滅的な生活を送っていた。夫の借金を返すために飲み屋で働き始めた佐知は、あっという間にお店の人気者になっていくが…。

引用:「Oricon」データベース

斜陽2009

根強い人気を誇る太宰治の代表作『斜陽』を原作に、名だたる俳優陣を迎え映画化された文芸ドラマ。戦後の動乱を生き抜く没落貴族の女性が、急速に変容していく日本の中でも強く生きようとする様を現代風に描く。ある事情を抱え、都会の喧騒を逃れて田舎へとやってきたお嬢様育ちのかず子。病にとらわれ弱り始める美しい母と、二人きりで慣れない日々を過ごすうち、彼女はしばしば言いようのない感情に襲われるようになる…。

引用:「Oricon」データベース

人間失格2010

太宰治の青春文学「人間失格」が完全映画化!幼少期より自意識にまみれ、世間とうまくなじめない青年・葉蔵。不安や迷いを抱えながら彷徨う葉蔵が向かうのは、いつも酒であり、女たちだった。葉蔵を刹那的な生活に誘う友人・堀木との付き合いの中で、様々な女たちと交わりながらも、タバコ屋の純真な娘と結婚した葉蔵。彼が辿り着く先には、一体何があるのか…。通常版。

引用:「Oricon」データベース

人間失格 太宰治と3人の女たち

2019年9月13日公開。

HUMAN LOST 人間失格

2019年公開予定。

タイトルとURLをコピーしました